2013-06-12 10:07:17
崖に建つ軌跡の家 
6月9日のライブのため滞在した大槌町、
復興の名の下に 様々な活動があります。

まずは、ライブの開催にご尽力いただいた
Mさんのお宅は 町を一望できるところに
あります。
以前、そこに泊めていただいたときは
眼下に 駅や道路を中心にした町がありました。
今は 更地で瓦礫を運ぶトラックが行き来して
います。

Mさんのお宅は 高台にあるため、津波の被害は
ありませんでしたが、火事が間近まで迫ったため
避難して もう、家はことは半ば諦めていたそうです。
鎮火してから戻ると、玄関近くの 柱は 焼けて
いましたが、建物は無事でした。
今年は 藤の花も咲きました。

Mさんのお宅の坂道を降りると コンテナを改造した
パン屋さんがあります。
大きなピンクの水玉模様が目印です。
大槌在住の方は 定価の半額で パンを購入することが
できます。
コッペパンにその場でやきそばやナポリタンを
挟んでもらうことも出来、イートインも可です。

具材にはぜんざいや ずんだというのもありますが、
「たくわん」と書かれたコッペパンには興味津々。
意外においしいのが驚きでした。 
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2013-06-12 09:34:59
あかはまチロリン村プロジェクト
6月9日のライブのため大槌滞在中に
神楽坂の日置先生もご尽力されている、
あかはまチロリン村プロジェクトの事務所に
隣接したイタリアン「バールリート」に
行って来ました。

バールリートのオーナーシェフは、以前
嬬恋村のキャベツ畑で働いたこともあると
いう若者で、うす沢とのご縁を感じました。

テーブル3つと3名座ることのできるカウンターは
いつも 予約で一杯とのこと。
ランチ一番乗りならと 11時過ぎに伺ったら
すでに テーブルひとつを残すのみ。
そこに席を取り、パスタ二種とピザをhalf&halfに
して、デザートはティラミスとクリームブリュレ。

あかはまチロリン村プロジェクトの管理するその
建物は 地域の方からの援助で貸与されている土地に
建てられていて、片方の建物は 10名程収容のイベント
スペースです。
ウッドデッキでつなぐログの「バールリート」からは
大槌湾に浮かぶ 蓬莱島が良く見えます。

まだ、梅雨入り前の 岩手県は 初夏の陽気で
瓦礫を撤去した跡地には 草草が 生い茂ります。

3.11を知らなければ 一見のどかな 風景です。
以前 そこに家々が建ち、営みがあったと、知らなければ...

まだまだ 復興には 程遠い、けれども
若い力は 復興の先を目指しています。



http://akahamachirorinmura.com/
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2013-06-12 09:17:21
6月9日大槌ギターライブ 大盛況
6月7日から11日までお休みを頂き、
岩手県大槌町で 臼澤裕二のギターライブを
開催いたしました。

今まで30名様程度収容の ライブをされたこと
のある喫茶「夢宇民」さんが会場。

あの津波で ビルの中は瓦礫と土砂で一杯、
奇跡的に建物は 残りました。
でも今年中に 取り壊しになるそうです。

一応定員30名として 同級生や 親戚の方々が
来て下されば、お店に迷惑かけないくらいかな、
と考えていたら 46名様のご来場を頂きました。

夢宇民の方々2名を含む総勢48名様に
初演の「浜・巡礼」をお聞きいただくことが
出来ました。
ありがとうございました。

有名タレント 歌手の方々が 無料でコンサートや
イベントをなさる中 千円といえども 被災した
皆様に お金を頂戴するのは、と悩みながらの
開催でしたが、3.11以前から 顔を合わせて
いなかったと言う方々との 再会も出来、感謝一杯の
ライブになりました。

開催に当たりまして、ご協力いただきました方々に
御礼申し上げます。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2013-06-05 15:27:59
晴読雨読
「雨と本」をテーマにした古本&新刊本&
   ブックカバー&鉱石を展示販売

   6月13日~21日
      12時から18時まで
       *最終日は16時まで。

古本出展者は、

「甘夏書店」
「石英書房」
「リコシェ」
「レインボーブックス」
「眺花亭」
「おひさま文庫」
「古書ほんの木」

「石英書房」さんが 石(水晶などの鉱物)を
出品販売されます。

世の中には 宝石でなくても「鉱物が好物」という
人が 意外にいるものだなぁ、と思います。
臼澤もそのひとり。
散歩をしていると 嬉しそうに拾い上げる「なにか」。
わたしには ただの石ころですが、「色が綺麗」
とか「形が面白い」とか、大事そうにポケットに
しまっている。



ブックカバーは、ブルーのしましま、
蛇の目傘の模様など、素敵な雨柄が揃っています。
石英、水晶、などの鉱石は、雨に濡れたら
どんな色になるのでしょうか?
梅雨が似合う展示です。
雨の日にもお出かけください。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2013-06-03 15:35:19
「ほんのひとしずく市 神楽坂・うす沢」
「雨と本」をテーマにした古本&新刊本&
ブックカバーを展示販売します。
  6月13日(木)~21日(金)
    12時から18時
     最終日は16時まで。

雨、傘、がでてくる絵本、天気図本、
雨の小説、虹の絵本、雨のしずく色の青い本
雨降りだと読みたくなる本は、ありませんか?
例えば、積ん読になっている、ミステリーや
分厚い本、難解な本...
雨が降ると、旅に出かけたくなることってないですか?
雨がやんだら行きたいところは「海」だったりとか
雨上がりに咲く花はなんですか?
どんどん想像が膨らんで、雨の日が楽しくなる本を
揃えてみました。

選本はお題本の会


ブックカバーは、ブルーのしましま、蛇の目傘の模様
など、素敵な雨柄が揃っています。
梅雨が似合う展示です。
雨の日にもお出かけください。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135