2009-10-19 15:31:42
五服点てセット期間限定発売中
神楽坂まち飛びフェスタ2009のうす沢の参加
企画は 「表装家 石曽根和佳子の世界」
―掛軸アート×野の花いちりん―ですが
Kimono生活の井上さんにご協力いただいて
お茶を点てるが サイドテーマでもあります。
そこで お抹茶茶碗が専門でないのは重々
承知しておりますが、今から始められる
じぶんのための茶の湯~五服点てセット~
をこの期間限定でご用意いたしました。
茶碗、茶巾、携帯用茶せん&茶杓、巾着、
中国七宝茶入れ入り五服分のお茶で
一万五百円です。
茶碗も巾着も 茶入れも画像以外のものも
あります。

20091019151635.jpg
20091019151726.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-10-18 06:56:22
雑学・仏像四方山話
ちょっと先の予定ですが、12月18日(金)
19時から 同じ牛込中央通りにある
キイトス茶房の 恒例「キイトス茶話会」で
「仏像の話」をいたします。
タイトルに在るとおり 役に立つかは
わからないけれど 知っていると 仏像を
観る時楽しくなるような 雑学系仏像話です。
お申し込みは キイトス茶房に直接お申し込み
下さい。
話し手 仏像蘊蓄士 臼澤裕二
参加費 2,000円/別途お飲物代


20091015192923.jpg
キイトス茶房
   新宿区箪笥町25番地野吾ビル2階
   電話・ファクシミリ03(5206)6657
   http://kiitosryo.biog46.fc2.com/
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-10-16 06:44:41
Kimono生活さんの「立ち居振るまい教室」
神楽坂まち飛びフェスタ2009の「石曽根和佳子の世界」の
中の企画で 「初心者のための茶の湯ワークショップ」の
ご指導をいただく Kimono生活さんのまち飛び参加企画は
「立ち居振るまい教室」です。
詳細コピペしました

立居ふるまい教室 参加者募集中 [ イベント ]
着物姿はちょっとした立ち居振舞いでよりいっそう美しく見えます。お座敷での座り方、立ち方、歩き方、ふすまの開閉などを実践稽古し、茶道の立居の稽古を基本に、着物姿が美しく見える所作を身につけます。
恒例の神楽坂イベント"まち飛びフェスタ"の体験イベントとして今年も神楽坂の光照寺さんで開催致します。老若男女問わず、どなた様でも気軽にご参加下さい。

【日時】11月1日(日)16時半~18時
【会場】光照寺書院 新宿区袋町15 
【最寄駅】大江戸線 牛込神楽坂駅徒歩4分
【参加費】3000円(抹茶付き)
【予約】Kimono生活まで TEL03-5976-2020

※お洋服での参加もOK。着替えのお部屋もございます。

きもの美人を目指す方 是非!
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-10-15 17:43:10
初心者のための茶の湯
神楽坂まち飛びフェスタ2009の「石曽根和佳子の
作品展」の作家在廊日である10月24日(土)は
Kimono生活の井上さんによる「初心者のための
茶の湯ワークショップ」です。
わざわざ お茶を習いに行くのは敷居が高い、でも
からだにもいいし、自分の為にお茶を点てるのも
ちょっと素敵!そうお考えならご予約下さい。
井上さんから 自分の為にお茶を点てるヒントを
お聞きしながら 実際にみんなで点ててみましょう。
必要なものは うす沢でご用意をいたします。
2時から5時までのご都合のよろしい時間帯を
お選び下さい。
参加費は1,000円(お菓子付き)
ご連絡おまちしております。
   03-5228-6758
   info@usuzawa.com

スクリーンアート立礼席.JPG
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2009-10-15 17:33:49
石曽根和佳子の世界


神楽坂まち飛びフェスタ2009のうす沢の
イベントは 表装家「石曽根和佳子の
世界」です。
石曾根さんのつくる 掛軸は その全てが
アートなのです。
そして 今年は 「掛軸アート×野の花
いちりん」として パネルARTと花を
一体化させたものの作品展です。
引き出し箱型のものに花活けが内蔵されていたり
箔のはってあるお軸が花器にもなったり。
この発想におどろかされます。
作品は このページで掲載いたしますが
実物を観に是非うす沢まで!
作家在廊日は10月24日(土)です。
お待ちしております。


20090907163201.jpg

20090907164320.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135