2014-12-05 17:21:01
ブルーナといた夏 その43
10月20日、いつもの朝だと思っているでしょ、ブルーナ。
朝のお散歩も いつもより念入りに、倍くらいの距離を歩いた。
「ナインチェがさみしがってるから 帰ろうね。」
わかっているのか、家方向に向きを変えたのを嫌がらず
嬉々として歩いている。
ブルーナの保護責任者のT場さんご夫妻と 里親さんⅠ澤さん
ご夫妻が見えるのはお昼頃。
それまでに 室内ドッグランのいくらか体裁を整えて、と。
部屋の片づけもさることながら、すこしでもブルーナがナインチェと
遊んでいるところを見ていたい。
正攻法だと かなわないので ソファの下に潜りこんで 母親を
牽制、やりすごすと まだずるずると這い出して ブルーナに
とびかかっったり、すっかりしぼんだおっぱいにくいついたり。
それに怒って また ブルーナが追っかけて わたしの陰に
かくれたり。
少しもじっとしていない。
一緒に水を飲んいたかと思ったら また 走り出して...

予定通りにT場ご夫妻到着。
すぐに、Ⅰ澤さん。
2台の車が到着して 吠えたブルーナも 大好きな人ばかりなので
ご機嫌。
帰りの時間を考えて テキパキと 記録写真をとり、ナインチェは
cageにいれて 今までブルーナが使っていたものを Ⅰ澤さんの
車に積んで。
もう、お別れ。
運転席にⅠ澤さんのご主人。
後部座席には 念のためにリードをつけたままのブルーナ。
「ありがとうございます」
「よろしくおねがいします」
「じゃあ、ブルーナバイバイ」
大切なお預かりものをやっと 本来の持ち主にお渡しできた安堵。
瞬間、Ⅰ澤夫人が 車に乗り込もうとした隙間から ブルーナが
逃げ出してしまった。
野生児で瞬足のブルーナ、逃げだしたことはないけれど 本気に
なったら 追いつけない。
みんなで ひやっ、とした。
「やっちゃった」とⅠ澤夫人。
飛び出して、T場さんの横をすり抜け 庭に向かうブルーナ、
「~ブルーナ」キリリと わたしの方に顔を向けて 走り寄って
きた。
片膝をついたわたしのところにきて、嬉しそうに「ママがいないから
 車を降りてきたよ。」って。

リードを持ち直して、もう一度 Ⅰ澤さんのメルセデスに乗せて
「今度は飛び出さないように リード持っててください。
早く ドア閉めて。」
では、じゃあ、とみんな緊張が解けた わかれの挨拶をしている
間中 子犬の鳴き声がする。
「ナインチェ!」
みんなブルーナにかかりっきりにで cageにいれたナインチェが
家の中。
あやうく ナインチェが お忘れ物になるところ。
T場さんのご主人に 取りに行ってもらって メルセデスにのせて。
今度はほんとに 出発。

「終わりましたね。」
「本当にお疲れ様でした」
「今から、ハチと一休の里親さんのところですね。夕方までに
東京に帰れますか?」
「また、でんわします。」
「曲楽しみにしてます」そう、臼澤が この顛末をブルーナ狂詩曲に
しようという計画がある。
お披露目は 年内できるか、どうか。

人間ふたり、犬6匹の過密状態から、今、わたしひとり。
「うちが、ひろくて さみしく見える。」

             つづく・・・・・
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< ブルーナといた 夏 その44 | main | ブルーナといた夏 その42 >